Don't worry, be happy

大阪出身島根県松江市在住 、ピラティス、日本体調改善普及協会認定インストラクターのブログです♪

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コアについて

2010.05.12 (Wed)

おはようございます

さて、昨日の続き…骨盤底筋のお話を含むコアについて…

コアとは


肋骨下部から骨盤にかけてのお腹と背中のことで、とくにここのインナーマッスル(深層筋)のことをさします。

ピラティスでは主に

お腹の前から横横を覆う腹横筋。
腰椎一つ一つをつなぐ、多裂筋
下部肋骨と胸椎を結ぶ横隔膜
恥骨と、尾骨をつなぐ骨盤底筋

ピラティスは、このインナーの筋肉を使い(もちろん周囲のアウターの筋肉も使いますが)腰椎や骨盤を正しい位置に置きながら手足を動かします。
このコアを安定させるために、ピラティスで最も重要視されているのが、ラテラル胸式呼吸…ということです。


このコアのインナーマッスルは互いに協調して働きます。

呼吸によって横隔膜が縮む(吸う)骨盤底筋が同時に収縮したり、多裂筋が作動すると腹横筋が収縮したりと
連動しています。

動作の前に「コアを安定させます。コアを起動します」とお伝えるるのは、その都度、コアを意識してもらうためなのです。動きが始まると、手足に気がいってしまい、ついついコアが安定しません。
コアが安定しないままの動作は、せっかくターゲットにしている筋肉をうまく使わずにしていることになり、効果が半減してしまいます。

では、始めからコアが安定しないのに動作を行って意味がないのでは…と不安に思われる方もいらっしゃる思いますが

大丈夫です

人の身体は訓練すれば、意識すれば必ず少しずつ動いてきます!!

まず、集中して普段動かさない筋肉を意識してあげる。

できないことに嘆くのではなく、できないと気づいたときにどうアプローチしていくか…
のほうが大切です。
気づくのが5年後、10年後、もしくはまったく気付かないより、気づいた今、少しずつ意識していくことが
大切です。

私自身、インストラクターをしていますが、自分の弱い場所を
見つけると、本当にひとの身体って面白いなぁ~~と発見だらけです。


ゴールは、足を高くあげたり、完成形ではありません。

ご自分の身体と相談しながら、コアを安定させて少しずつ身体を動かしていく。
その中で、出来なかった動作が少しずつ出来き、みなさんの悩みがいつの間にか、軽減されれば
いいなぁ~~と思います。

097.jpg
先日GW中のうさんぽです。
cyacyaを見てると、日ごろのストレスが発散されます
スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

利用してます

ネットで購入すると言えば楽天!! だったので、今まで損した気分です
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

お気に入り

今のお気に入りのCD 車の中でもお家でも…ヒルクライムのリサイタル

プロフィール

Hiroe

Author:Hiroe
まいど。いつも寝てばかりのHiroeさんちのアイドルチョコと言います。ピラティスやら僕のお兄ちゃん、お姉ちゃんのこと
ゆっくり、ごらんくださいな。

QRコード

QRコード

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。